0716ほぼ生ログ

白石裕 :
芝村さんこんばんは 生活ゲームに参りました 本日はよろしくお願いします

芝村 :
記事どうぞ

白石裕 :
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=2505&reno=2438&oya=2438&mode=msgview

白石裕 :
【予約者の名前】38-00697-01:白石裕:暁の円卓藩国

【実施予定日時】7/15/24:00~25:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【ゲーム時間:消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・白石ほむら:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・38-00697-01:白石裕:暁の円卓藩国:入学済:0
 ※デートチケットを使用します

白石裕 :
こちらになります

芝村 :
イベントは?

白石裕 :
えーとイベント選択前に一つ質問なのですが

白石裕 :
Q:先ほど開示していただいたヤガミをほむらにとられる夢(強制イベント)は特に生活ゲームで何かする必要があるものでしょうか?

白石裕 :
取得した時点効果発揮か 生活ゲームをこなした上なのか判断に迷いまして

芝村 :
A:いえ。必要ないですよ

芝村 :
もうすでにおきてます

白石裕 :
デスヨネーorz

白石裕 :
えーととりあえず ほむらが近くにいればとりあえず家で色々と話でもしたいと思います

白石裕 :
いなければ探しにいきます…

白石裕 :
あと r:
家に設置してあるPLACEに介入してゲームを行います

芝村 :
はい。2分待ってね。

芝村 :
OK

白石裕 :
よろしくお願いします

芝村 :
/*/

芝村 :
ここは、FVB国境付近だ

芝村 :
もはや雲は見えず、常時雷が落ちている

白石裕 :
周辺を確認します

白石裕 :
周りに誰かいますか?

芝村 :
周囲には誰もいないよ。

白石裕 :
Q:どうして今FVB国境にいるのかPLACEの記憶を辿れますか?

芝村 :
A:探しに来たのさ。ほむらを

白石裕 :
やっぱりーorz

白石裕 :
「…まぁここで立ってても仕方ないか。いくか」

芝村 :
真昼間からすでにアンデッドどもが無数にうごめいている

白石裕 :
「…酷いな」

白石裕 :
Q:アンデットを避けつつほむらを探そうと思いますがリクエストは発生しますか?

芝村 :
A:ええ

白石裕 :
やっぱりか…まぁでもここにいてもはじまらん

白石裕 :
r:アンデットを避けつつほむらを探します

芝村 :
A:難易度50 幸運

白石裕 :
えーと無理なので行動変えても大丈夫ですか?

芝村 :
ええ

白石裕 :
「たしか王城にむかっていってるって言ってたか…」

白石裕 :
生存者とかいれば保護しつつ城へ向かって進もうと思いますが 難易度はいくつくらいになるでしょうか?

芝村 :
生存者はすでにいない

白石裕 :
では城へいきます いけるのなら

芝村 :
直線で?

白石裕 :
いやそれは無理くさいのでFVBの地図見ると地価空洞が連結されて王城までいけるっぽいのですが

白石裕 :
それを利用していけますか?

芝村 :
ええ。

芝村 :
地下はすでにアンデッドどもの巣だ。

白石裕 :
「…ほんとにどうしようもなくなってるな…」

白石裕 :
地下だと逃げ場なくなって詰むので

白石裕 :
地上からアンデットの手薄なところを選びつつ向かいたいと思います

芝村 :
150万ほど相手すれば良さそうだ。

白石裕 :
うーん…

白石裕 :
すいません追加でACEって呼べますか?

芝村 :
ええ

白石裕 :
えーとでは藩国逗留の本郷、遠坂、田辺を呼んで対策を練ろうかと思います

芝村 :
はい。続々と貴方の部下が集まってきた

白石裕 :
「すまん。こんなところまで」 今はまだFVB国境でいんですかね?

芝村 :
田辺:「すごい・・・」

芝村 :
遠坂:「なるほど。ほむら様が言ったとおりだ」

白石裕 :
「あいつ何て言ってた?」

芝村 :
遠坂:「大義名分を、つくると」

白石裕 :
「あーまぁ聯合国でもないうちがここに出兵するにはそれくらいの名分は必要だな」

白石裕 :
「あの阿呆…」

芝村 :
遠坂:「最近、出番がなくて国民はくさっていました」

白石裕 :
「少し前まで宇宙が戦場だったからな…うちではどうしようもなかった」

芝村 :
遠坂:「国民も喜ぶでしょう」

白石裕 :
「そうか…そうだな。戦争するために出来たような国だ。うちは」

白石裕 :
「FVBを解放する。名文はある。」

芝村 :
遠坂:「ええ」

白石裕 :
「だがこの数だまともにいったら返り討ちで終わりだろう」

芝村 :
遠坂は微笑んだ。

白石裕 :
「何か策はないか?」

芝村 :
遠坂:「相手は頭が悪いようです」

芝村 :
田辺:「空も飛べません」

芝村 :
本郷:「火攻めも弱そうだ」

白石裕 :
「数だけの烏合の衆ってことね…」

芝村 :
田辺:「ええ」

白石裕 :
「あとの問題は落としどころか…」

白石裕 :
「イグドラシルが原因ということは聞いてる」

芝村 :
遠坂:「戻してやれればいいんですが」

白石裕 :
「だが、ただ全滅させるというのもな…」

白石裕 :
「帝國に治癒士はいない。リリカルソードも」

芝村 :
遠坂:「……」

白石裕 :
「おそらく動員は白兵戦力が中心になる」

白石裕 :
「別に戻してやりたくないなんてわけじゃないがな…あるものでやるしかない」

芝村 :
遠坂:「ええ」

芝村 :
遠坂:「火攻めですか」

白石裕 :
「俺たちが今できるのはそれだな」

芝村 :
遠坂:「風向き次第ですね」

白石裕 :
「同胞を焼き討ちした悪者にでもなんでもなってやるさ」

白石裕 :
「地上は…そうだな。地下は勝手に蒸し焼きになるだろう」

芝村 :
本郷:「まあ、40万tほど燃料があれば、いけそうだ」

白石裕 :
「それはPPGに…宰相府に出させる」

芝村 :
本郷:「出しますかね」

白石裕 :
「…言っててあの姫さんが出すとは思えないと自分で思った。すまん忘れてくれ」

芝村 :
本郷:「は」

白石裕 :
「うーん…燃料ね。自慢じゃないがうちは貧乏だ。今ここで小細工でもしてどうにか燃料を減らせないか?」

白石裕 :
「おそらく15万tが限度ってところだろう。うちだけだと」

芝村 :
本郷:「・・・」

芝村 :
本郷:「かえって酒盛りして不貞寝するのはどうでしょう」

白石裕 :
「だよなー俺もそうしたい」

白石裕 :
「あとは空はPPGが土場の空とびわんわんでどうにかできるはずだ」

白石裕 :
「それか、どうにか分断して確固撃破かそのくらいか…厳しいな」

芝村 :
田辺:「問題は」

芝村 :
田辺:「敵が無策か、ですね」

白石裕 :
「仮にゾンビは突破できたとして、城にはまだ未確認の敵も居るって話だ」

白石裕 :
「そいつらが無策かどうかは分のよくない賭けみたいなもんか」

芝村 :
田辺:「引き返して、編成をしましょう」

白石裕 :
「そうだな…そうしよう」

芝村 :
/*/

芝村 :
はい。お疲れ様でした。

白石裕 :
おつかれさまでした

芝村 :
貴方が戻った頃に。討伐命令が出ていた

白石裕 :
FVB討伐令ですか?

芝村 :
まあ、FVBをおそう化け物の討伐だね

芝村 :
遠坂から+1+1でした

白石裕 :
ほむら結局意味ねーじゃんorz

白石裕 :
はい ありがとうございます

白石裕 :
なんというか聞けば聞くほど どうしようもない気分になるゲームでした…

白石裕 :
さてどうしようかなぁ…

芝村 :
つ酒

白石裕 :
いやもー凄く国に帰って酒盛りしたい気分です! このターンうち6人編成なのになんでこういうタイミングでorz

芝村 :
あらー

白石裕 :
いやまぁ現状食料が壊滅的にないので

白石裕 :
増えて3人とかなので現状がおそらくベストなのですが

白石裕 :
あーでも難しそうだなー…AR10縛りのほうがまだ平和だったかもしれない

芝村 :
ははは

白石裕 :
まぁどうにかします…というかしないとほむらがorz

芝村 :
はい。では解散しましょう。お疲れ様でした。

白石裕 :
はい 本日はありがとうございました

芝村 :
ではー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0