2/16公式SDゲーム 本編その1

2/16に行われた公式SDによる広島ゲーム
本編その1

ショートカット
本編その2  感想戦


白石裕@SD :はい でははじめましょう

山内五十嵐倉田@ニンジャ :よろしくお願いします。

白石裕@SD :本日は公式SDに依頼してくださってありがとうございます

白石裕@SD :最近Bランクにあがったばっかりで限りなくCに近い気はするのですが

白石裕@SD :一生懸命勤めさせていただきますのでよろしくお願いしますー

白石裕@SD :では本編にいきましょうか

立花祐二@島津 :こちらこそ、よろしくお願いいたします。

/*/

白石裕@SD :広島では戦いが続いている

白石裕@SD :
迷宮というところからサターン大隊がそろそろ撤退するのでは?
とまことしやかにささやかれている中、幻獣の攻勢は未だ止むことはない

白石裕@SD :今回の任務はとある一人の子供を救助すること である

白石裕@SD :「子供が泣いたら国が滅ぶ」と誰が言ったかは知らないが子供は国の宝だ

白石裕@SD :すでに他の部隊が救助に向かったが見つけられずに失敗した

白石裕@SD :実質的に今回がラストチャンスである

白石裕@SD :君達は中隊長にそのことを伝えられ、今は戦域に向かう途中であった…

白石裕@SD :地図はすでに中隊長から渡されている

東 恭次 :「学兵に子供を捜させるとか、皮肉なもんですね」

白石裕@SD :と、いうところから始めましょうか

東 恭次 :はい

白石裕@SD :今回は救助作戦です

八十島千尋@ちひろ :了解です

白石裕@SD :3分前とか酷いケースではないが今まさに子供が一人幻獣の徘徊する地域に取り残されていて

ダース@夢野沙織 :「どこも人手不足ですからね。しかたありませんよ。」

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
山内「見つかるといいのですが」

白石裕@SD :それを救出しなければならない

白石裕@SD :そして今回特別ルールがあります

東 恭次 :「先任をつけていただいたんです、見つけましょう」

白石裕@SD :
*特別ルール 
○このシナリオでは幻視は必ず失敗する
○このシナリオでは戦車、人型戦車、航空機を持ち込めない。(救出作戦のため)
○このシナリオでは砲による火力支援を行えない

白石裕@SD :以上を踏まえた上で作戦にあたってください

白石裕@SD :よーするに歩兵でがんばれ ってことですね

東 恭次 :相手に戦車が居るとき、きついルールだなぁ

立花祐二@島津 :
よし、頑張りましょうっ
「地図の確認は充分だ。……地図から周辺の地形も把握した、問題ない」

ダース@夢野沙織 :「幸い、前に失敗した部隊から、周辺の状況の報告も受けていますし、何とかなりますよ。」

白石裕@SD :んでは地図をだしますね

白石裕@SD :http://gunparade.sakura.ne.jp/log/No_0285.jpg

白石裕@SD :ちょっと重いけど許して

東 恭次 :うぉ、色つきマップ初めてみた

白石裕@SD :1クリックは10mです

立花祐二@島津 :これはわかりやすいですねぇ。そして広いw

東 恭次 :200m四方か

白石裕@SD :じつは広くみえて実質200×200のマップです

山内五十嵐倉田@ニンジャ :SD、地図中の数字は何でしょうか?

白石裕@SD :いま地形の説明をだしますね

白石裕@SD :
地形
道 特に効果はない
草 特に効果はない
数字 建物の高さ。建物内、建物の先には視程がとおらず、迫撃砲以外では攻撃できない。通り抜ける場合、数字×10mの移動距離がかかると数える。人工的な防御物として扱う
平 特に効果はない
沼 移動速度は1/10になる
コ コンビニ。2の高さの建物として扱う。
寺 寺。2の高さの建物として扱う。
駐 特に効果はない

白石裕@SD :数字はビルの高さだと思ってください

山内五十嵐倉田@ニンジャ :承知しました。

白石裕@SD :そして君達はA16からスタートする

白石裕@SD :とその前にまずは*Mを出しちゃいましょう

白石裕@SD :我はM*から始まるゲームの目的を記述する

白石裕@SD :
M*逃げ遅れた子供を確保する:難易度不定:判定単位300:制限時間15分(5ターン、周辺時間1ターンにつき17分)(作戦指定時間):ターンピリオド3分:前提は歩兵:抽出条件は戦闘に関するもの

白石裕@SD :今回は5ターンの短期決戦です

白石裕@SD :君達はこのMAPのどこかに子供を助け出して救助せねばならない

白石裕@SD :どこかに→どこかにいる ですね

東 恭次 :一発読みげーだなぁ・・・

白石裕@SD :そして現在作戦区域におりたった場所からは前方S16とS17に

白石裕@SD :すでにナーガとゴブリンが見える

白石裕@SD :すでに貴方がたにきづいていて砲をこちらに向けようとしている最中だ

ダース@夢野沙織 :「あれが、敵…?」

白石裕@SD :さて こんな楽しい状況からのスタートですが

東 恭次 :
えーと、まず基礎情報について質問していいでしょうか
・なぜ子供が残ってしまったんでしょうか

白石裕@SD :単純な逃げ遅れですね

東 恭次 :・子供はこの地域に住んでる住人ですか?

白石裕@SD :きっとどこかに隠れて震えていると思う

ダース@夢野沙織 :子どもの名前は?

立花祐二@島津 :「呆けるな……落ち着いて迅速な行動を」

白石裕@SD :えーと子供の名前は 三角 心 で

ダース@夢野沙織 :「そ、そうね。ありがとう。」

ダース@夢野沙織 :男の子でしょうか?

白石裕@SD :男の子ですね

ダース@夢野沙織 :この町に住んでいた子なのでしょうか?

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
倉田「んー まあうまくやって助けましょうや」

白石裕@SD :特に設定はないです 伏線があれば設定できますよ

八十島千尋@ちひろ :「・・・」ぐっと銃を握る手に力を込めて、辺りを見回す。

ダース@夢野沙織 :(怖いのか、小銃を握る手が小刻みに震えている。)

東 恭次 :始まったばかりなので、伏線はまだ集められてない気もしますが(笑

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
五十嵐「男の子でも俺はそれなりに」

東 恭次 :一応、この地域の子にする伏線数はいくつでしょうか

白石裕@SD :まぁたしかに(笑) いやまぁ3.5だと伏線がないと設定決められないので

八十島千尋@ちひろ :子供の声、すすり泣きなどが聞こえないか、耳を澄ませます。

ダース@夢野沙織 :「三角くん、必ず助けてあげるから、沙織ねえちゃんを待っててね。」

白石裕@SD :2個でOK

立花祐二@島津 :「ならば、是が非でも助けねばならんな。幻獣からもお前からも」

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
五十嵐「ヒドス!」

白石裕@SD :幻獣が徘徊する足音にけされてわからないですね>八十島

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
山内「あれ、夢野さん、知り合い?>三角くん」

ダース@夢野沙織 :「いつだって、お姉ちゃんが助けてあげたでしょ。」

ダース@夢野沙織 :「うん。私もここの町の生まれなの。」

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
倉田「おお。それは心強い」

東 恭次 :「(ちょっとカオスっぷりに胃と側頭部が痛くなって来た気がする)」

白石裕@SD :
ここで聞こえるくらい泣き声をあげていればさすがに幻獣に見つかって殺されてるね
なので声を抑えるくらいのことはやっているようだ(恐怖で声がでないのかもしれないが)

八十島千尋@ちひろ :「・・・」沙織さんを見て、小さく頷きます。

ダース@夢野沙織 :「あそこに見えるコンビニも、学校帰りによく立ち読みした場所よ。」

立花祐二@島津 :「……まあ、まずは幻獣から救わねばな。こちらは君もやる気があるだろう?」

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
五十嵐「それはまあ」

白石裕@SD :1ターン目の行動は40分までに決めましょうか

ダース@夢野沙織 :「立花先輩、随分張り切ってますね。」

東 恭次 :了解です。

白石裕@SD :君達が会話を続けている間にもナーガの砲には光が充填されつつある…ゴブリンも君達をみつけて襲う気満々だ

立花祐二@島津 :「……まぁ、子供を守るためだからな」

白石裕@SD :データ的な情報ですと

白石裕@SD :S16にナーガが2部隊

白石裕@SD :S17にナーガが2部隊とゴブリンが2部隊

東 恭次 :とりあえず、敵勢力の行動の予定を教えていただけますか?

白石裕@SD :が現在確認できます

白石裕@SD :敵はナーガ達が君達を今の地点から砲撃しつつ火力制圧しようとする

白石裕@SD :ゴブリン達はこのまま君達を倒すために近づいて殴ろうとするね

ダース@夢野沙織 :
(ナーガの砲を満たす光を睨みつけて)
「あれが、母さんを焼き払った光…。けど、私達の希望まで焼き払わせはしない!」

八十島千尋@ちひろ :「沙織さん、彼の家はどこだったか覚えている?」
東 恭次 :了解です<行動

ダース@夢野沙織 :「三角くんのおうちは、この辺では有名なお寺よ。」

ダース@夢野沙織 :「坊主の子ってからかわれて、三角くん、よくしょげてた。少し内気な子だったから…。」

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
五十嵐「なんというお稚g
倉田「やめなさい」

立花祐二@島津 :「……有名な寺ならば、場所は覚えているな?」

ダース@夢野沙織 :「もちろんです。生まれた町だもん。目をつぶってたって迷子にはなりませんよ。」

八十島千尋@ちひろ :「内気な子・・・そういう子なら、こんな時には慣れた場所に戻りたがるよね・・・」

八十島千尋@ちひろ :「遊び場とか、自分の家・・・お寺の子なら、境内で遊んでそうね(少しだけ笑って)」

ダース@夢野沙織 :「そう。よく一緒に遊んであげたわ。境内に大きな樹が生えてて、木登りしたこともあったっけ。」

白石裕@SD :さて時間です

白石裕@SD :ぼちぼち行動宣言どうぞー

東 恭次 :はい。

東 恭次 :移動をA16からC7まで、通常移動2(橘だけ急速)で移動

白石裕@SD :はい

東 恭次 :で、ゴブリンが突撃してくると思いますので

白石裕@SD :現状だと角まがって襲ってくるでしょう

東 恭次 :角曲がった所から、阻止線&射撃開始でお願いします

白石裕@SD :OK

白石裕@SD :宣言は以上かな?

東 恭次 :もし、ゴブリンの移動の方が早かったら

東 恭次 :角曲がった所から、阻止線+慎重移動でC6方向へ移動に切り替えでお願いします

白石裕@SD :移動速度はゴブリン3だからゴブリンの方が速いね

東 恭次 :では、C列へ入って、ゴブリンがC列へ入ったところで、慎重移動(移動速度0.5)で後退しながらC7まで移動で

白石裕@SD :OK

東 恭次 :後退射撃しながら、C7方向へ、です。すみません、

白石裕@SD :んでは確定させていいいですか?

東 恭次 :はい。

白石裕@SD :OKまずは移動を確定させましょう

白石裕@SD :目の前のゴブリン達は速度3で君達を悠々とおってくる


白石裕@SD :C17までは160mだ

白石裕@SD :C17に54秒で到達

白石裕@SD :その時点で君達は後退しつつ射撃を開始するわけだから阻止線と攻撃は成立する

白石裕@SD :ラグが54秒あったから108m移動できる

白石裕@SD :なのでC8から迎撃することになる(後退射撃)

東 恭次 :はい。

立花祐二@島津 :了解です。

白石裕@SD :キメラは射線からはずれたので100秒うてなかったので攻撃は成立しなかった

東 恭次 :よしよし

白石裕@SD :では戦闘処理にいきましょうか

白石裕@SD :今回道の上なので攻撃難易度は半分の1万です

東 恭次 :そいつは微妙に余裕ですね(笑

立花祐二@島津 :おおっ、それは助かりますw

白石裕@SD :距離は80m 白兵以外の攻撃は届くだろう

白石裕@SD :と、その前に事務整備やりますか(ゲーム入るとすぽっと良く忘れる)

東 恭次 :はい。

白石裕@SD :歩兵が7人

東 恭次 :では、事務官・整備兵技能提出の準備を。

白石裕@SD :んでとくに戦時指定というわけにもしませんので(準備はしてくるだろう)

白石裕@SD :事務整備ともに難易度700です

白石裕@SD :技能提出をどうぞー

白石裕@SD :3分くらいでさくっといきましょう

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
五十嵐:整備7(2100)

白石裕@SD :整備OK

ダース@夢野沙織 :事務5です。

白石裕@SD :事務もOK

白石裕@SD :完全に装備はうごくし 補給もばっちりだ

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
五十嵐「愛でるようにせいびしてますヨ!」

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
倉田「なんかやだな、それ」

八十島千尋@ちひろ :「・・・ふぇち(ぼそっと)」

白石裕@SD :では実際の戦闘処理にいきましょうか

立花祐二@島津 :
「……毎回すまんな、助かる。働きをもってこたえよう。……愛はいらんが」

東 恭次 :「なんか、こう別の意味で身の危険を感じる事務・整備っぷりな気もするんだが」

白石裕@SD :まずは技能提出をどうぞー

白石裕@SD :ちなみに今回の部隊の合計根源力は18800ということで4基数です

東 恭次 :
東 恭次:射撃 5  です。

白石裕@SD :5+

ダース@夢野沙織 :射撃5です。

立花祐二@島津 :立花、機関銃技能なので技能は修正時に出します……で、大丈夫なんですよね(汗

白石裕@SD :それで問題ないですよ>機関銃

白石裕@SD :5+5+

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
山内コウ:射撃19(5700)
五十嵐エイイチ:機拳銃7(2100)
倉田ミチル:射撃1(300)

八十島千尋@ちひろ :射撃5です。

白石裕@SD :5+5+19+7+1+5=42

白石裕@SD :この時点で成功した(笑)

東 恭次 :技能だけで突破っ

白石裕@SD :ま、問題は阻止線ですな

立花祐二@島津 :やったー(笑)

白石裕@SD :阻止線はいくつかけますか

八十島千尋@ちひろ :ほっと一息・・・

東 恭次 :ナーガだってフルぼっこにできる錯覚を感じそうだ(笑

白石裕@SD :ちなみに把握してる限りでは前方のゴブリン2部隊がおってきてるね

立花祐二@島津 :立花が、軽機関銃でゴブリン2部隊に2重にかけます、合計4本です。

白石裕@SD :OKでは速度が10分の1になる

白石裕@SD :いまや速度は0,3

ダース@夢野沙織 :「これ以上、あなた達の好きにはさせない!」

白石裕@SD :のこり126秒移動しても38m程度しか移動できない

東 恭次 :「到達する前に滅ぼしてやる」

立花祐二@島津 :「……俺が止める。全滅させてしまえ」

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
山内「あたりますように あたりますように」

白石裕@SD :よって前方のゴブリンは君達に到達できることなく全滅した…

白石裕@SD :以外にあっけないと思う一同

白石裕@SD :が

白石裕@SD :しかし

白石裕@SD :君達は前方のゴブリンに注力しすぎた

東 恭次 :「(兄貴を殺した幻獣たちがこの程度?)」

白石裕@SD :いつのまにか後方からゴブリンが近づいてきていた

白石裕@SD :おそらく最初の時点で君達の情報はながれていたのだろう(同調技能によって)

白石裕@SD :前方の敵をたおしたのも束の間、君達は奇襲を受けた

東 恭次 :(幻視禁止はそのせいか!)

白石裕@SD :さて君達はゴブリン4部隊から攻撃をうけることになる

白石裕@SD :防御難易度は4万

白石裕@SD :さ、技能だそう

東 恭次 :回避5(1500)です

立花祐二@島津 :回避9(2700)ですー

ダース@夢野沙織 :回避5です。

白石裕@SD :C7に後方移動しつつ射撃していたところを後ろの角から奇襲された という感じだね

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
山内コウ:回避19(5700)
五十嵐エイイチ:回避7(2100)
倉田ミチル:回避1(300)

八十島千尋@ちひろ :回避5(1500)です。

白石裕@SD :5+9+5+19+7+1+5=51

白石裕@SD :51×300なので現在15300

白石裕@SD :次にWD等のマウント提出どうぞー

東 恭次 :互尊狙撃兵型:500 です

白石裕@SD :15300+500

ダース@夢野沙織 :久遠戦車兵型:300です。

白石裕@SD :15300+500+300

立花祐二@島津 :互尊狙撃兵型:500になりますー

八十島千尋@ちひろ :慈悲狐:300です。

山内五十嵐倉田@ニンジャ :
山内コウ:
夜明狐:300
五十嵐エイイチ:
互尊狙撃兵型:500
倉田ミチル:
互尊戦車兵型:300

白石裕@SD :15300+500+300+500+300+300+500+300=17500

白石裕@SD :さて最後に修正です ここが肝ですね提出どうぞー

東 恭次 :士気が高いの伏線の必要数はいくつでしょう

白石裕@SD :5個でOK

東 恭次 :では、提出を。夢野さん、お願いします

ダース@夢野沙織 :

士気が高い伏線
・「三角くん、必ず助けてあげるから、沙織ねえちゃんを待っててね。」
・「・・・」ぐっと銃を握る手に力を込めて、辺りを見回す。
・「呆けるな……落ち着いて迅速な行動を」
・「立花先輩、随分張り切ってますね。」
・「……まぁ、子供を守るためだからな」
・(ナーガの砲を満たす光を睨みつけて)「あれが、母さんを焼き払った光…。けど、私達の希望まで焼き払わせはしない!」
・「これ以上、あなた達の好きにはさせない!」
・「到達する前に滅ぼしてやる」
・「(兄貴を殺した幻獣たちがこの程度?)」

ダース@夢野沙織 :これでお願いします。

白石裕@SD :OK

白石裕@SD :士気が高いが通るようになった

東 恭次 :
・士気が高い場合 +500
・完全補給状態の場合+500
・見事な指揮の場合 +500

白石裕@SD :士気通った補給も通る これは奇襲だから指揮は通らないね指揮をしている暇がなかったということだ

東 恭次 :了解です。

東 恭次 :
・敵の攻撃の貫徹力が、自分の装甲を越えている場合(+1以上の時) -1000
をプラスにして使うことはできませんか

白石裕@SD :2以上の人いる?

白石裕@SD :いればOK

白石裕@SD :WD装甲がですね

東 恭次 :はい。私が狙撃型で2です

ダース@夢野沙織 :ごめん、1です。

白石裕@SD :OK では通そう

白石裕@SD :裸じゃなきゃ装甲1はあるからゴブリンとは拮抗するの問題ないですよ

白石裕@SD :現在修正+2000

東 恭次 :(前回はそれで死んだが、今回は違うぜ、と)

ダース@夢野沙織 :「裸では…ないです(頬を赤らめる)」

山内五十嵐倉田@ニンジャ :サポート技能として地形把握は入りますか?

白石裕@SD :いいでしょう これで+2300

東 恭次 :サポートとして話術は申請できますか?

白石裕@SD :サポートは地形把握が通ったのでもう通りません サポート技能という修正は一個のみなんですよ

東 恭次 :なるほどです。

白石裕@SD :(技能の種類はさておき)

東 恭次 :
白石裕@SD (21:12):
すでに他の部隊が救助に向かったが見つけられずに失敗した

・入念な準備や練習が行われていた場合 +1000

東 恭次 :
白石裕@SD (21:13):
君達は中隊長にそのことを伝えられ、今は戦域に向かう途中であった…
白石裕@SD (21:13):
地図はすでに中隊長から渡されている

東 恭次 :
という3つから通らないでしょうか
・入念な準備や練習が行われていた場合 +1000

白石裕@SD :
準備自体は完璧でしょうけど今回は奇襲です 
なので防御することに対して準備はできてないでしょう よって通りません

東 恭次 :了解です。

白石裕@SD :あとはないかな?

東 恭次 :そうですね。出せそうな修正は、以上です。

白石裕@SD :OK ではここから敵の修正が入る

白石裕@SD :
・敵の奇襲 -1000
・敵に後ろをとられた -2000

白石裕@SD :合計ー3000 よって修正はー700×4でー2800だ

白石裕@SD :17500-2800=14700

白石裕@SD :能力が25300

白石裕@SD :成功要素にして85個たりません

白石裕@SD :中間までだと18個です

白石裕@SD :どうしますか?




次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0