1/20公式SDゲーム 本編その1

1/20に行われた公式SDによる広島ゲーム
本編その1

ショートカット
本編その2  感想戦



さちひこ@アウトウェイ :こんばんは

夜乃 空 :こんばんはー

東 恭一郎 :こんばんは。

草加 圭介@芥 :こんばんは

天内流依@ジヌス :こんばんは

白石裕@SD :こんばんはーこっち表ってことでお願いしますー

川流鐘音 :こんばんは

川流鐘音 :はい

草加 圭介@芥 :了解です

さちひこ@アウトウェイ :了解です

東 恭一郎 :はーい。

天内流依@ジヌス :りょうかいです

白石裕@SD :えーとそれでは

さちひこ@アウトウェイ :よろしくお願いします

夜乃 空 :宜しくお願いします

白石裕@SD :このたびは公式SDをお呼びいただきまして真にありがとうございます

白石裕@SD :つたないSDではありますが精一杯がんばりますのでよろしくお願いいたします

川流鐘音 :よろしくお願い致します

天内流依@ジヌス :よろしくおねがいしますー

東 恭一郎 :今日はよろしくお願いします。

白石裕@SD :それではぼちぼちはじめましょうか

川流鐘音 :お願いしますー

草加 圭介@芥 :はい、よろしくお願いします

/*/

白石裕@SD :広島では依然幻獣の侵攻がやむ様子はなく、いつ何時に襲撃があってもおかしくはない。

川流鐘音 :「サターン大隊長がまた、無茶言いそうだなぁ ふう」

東 恭一郎 :「舞台設営で回された訳だが、戦線は大丈夫だろうか」

白石裕@SD :少し前にとある戦域を幻獣から確保した君たち(前回ユーラSDゲーム参照)は

さちひこ@アウトウェイ :「すみませんねぇ」<東さん

さちひこ@アウトウェイ :<部隊移動

白石裕@SD :そのままその戦域の防衛担当になっていた

草加 圭介@芥 :「うち先輩今頃どうしてるかな?」

夜乃 空 :「・・・ノイズが酷いな・・・」(盗聴中

白石裕@SD :その戦域に幻獣の部隊が大量に派遣されていると報じられたのはつい先ほどである

東 恭一郎 :「熊本に帰りたいなぁ・・・」

草加 圭介@芥 :「まあ、なんにせよ準備だけはきっちりしないと」

白石裕@SD :戦隊からの援軍は距離の関係でしばらくだせそうもなく

白石裕@SD :君たちだけでなんとかしてくれと 中隊長殿から小隊指揮官へ通達があったばかりだ

川流鐘音 :「またですかー! せめて弾薬ぷりーず」

さちひこ@アウトウェイ :「…だそうです 防衛戦準備を開始してください」

白石裕@SD :君たちはその命令に従い幻獣を撃退し戦域を確保せねばならない

さちひこ@アウトウェイ :「本音をポロリ いやぁ援軍ください マジで」

天内流依@ジヌス :「なによそれぇ!…わかったわよ、やってやろうじゃない!」

白石裕@SD :というところで

東 恭一郎 :「(運の無い私が回されるわけだ)」

白石裕@SD :小隊指揮は中瀬(さちひこさん)でいい? 確認

白石裕@SD :(名前を変更すると良いと思うよ!>さちひこさん)

さちひこ@アウトウェイ :はい 俺が指揮官です

東 恭一郎 :OKです

川流鐘音 :OKです

夜乃 空 :「・・・・・少しは落ち着いたほうがいいと思うよ?」(猫かぶりにっこり >流依

夜乃 空 :おk

さちひこ@中瀬一 :「おちついていこー」

白石裕@SD :では戦時階級で中瀬がこの戦闘のみ十翼長となる

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :ではいつものいこう

草加 圭介@芥 :「今日は誰についていこうかな」

川流鐘音 :「東さん またよろしくお願いしますね」

白石裕@SD :我はM*からはじまるゲームの目的を記述する

白石裕@SD :
M*敵部隊と交戦し、敗走させる:難易度不定:判定単位300:制限時間30分(10ターン、周辺時間1ターンにつき17分)(作
戦指定時間):ターンピリオド3分:前提は歩兵:抽出条件は戦闘に関するもの

白石裕@SD :今地図を出します

東 恭一郎 :「今日は指揮官が違うからね、鐘音は気をつけて」

白石裕@SD :
○ABCDEFGHIJ
1道道道道道道道道道道
2ビビ道林平田田田田田
3ビ平道ビ平田田田田田
4道道道道道道道道道道
5ビビ道ビ平平平ビ平平
6陣道道平平田田田田田
7ビビ道平平田田田田田
8ビビ道ビ平田田田田田
9道道道道道道道道道道
0ビビ道ビ田田田田田田

川流鐘音 :「了解です」

白石裕@SD :ちょっとフォントの関係でわかりにくいですが

東 恭一郎 :今回のM*は撃破が目的、と

草加 圭介@芥 :「(あの人は頼りになりそうだなあ)」>東さん

白石裕@SD :ぶっちゃけ前回さちひこさんがユーラさんに頼んだゲームとMAPは一緒です

さちひこ@中瀬一 :はい

川流鐘音 :現在地はA6でしょうか?<SD

東 恭一郎 :図表モードにすると、良いですよ>SD

白石裕@SD :http://cwtg.jp/bbs4/wforum.cgi?no=1040&reno=1029&oya=1029&mode=msgview

白石裕@SD :こぴぺしたらずれたので

白石裕@SD :http://cwtg.jp/bbs4/wforum.cgi?no=1001&reno=990&oya=990&mode=msgview

白石裕@SD :こっち参照してもよいかも(前回ユーラさんとこの地形情報)

白石裕@SD :地形は一緒です

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :今回あなたたちは自由なところからはじめられます

白石裕@SD :A1でもJ0でもいいわけです

川流鐘音 :メモ帳にコピペしてまーす

白石裕@SD :スタート地点を決めよう指揮官

白石裕@SD :5分で

さちひこ@中瀬一 :はい

さちひこ@中瀬一 :SD質問です

白石裕@SD :はいどうぞ

さちひこ@中瀬一 :敵の進行方向とはきまっていますか?

さちひこ@中瀬一 :<ここをぬけられると何かあるよーとか

白石裕@SD :敵情報は不明です ただ前回経験から

白石裕@SD :J方面からA方面にむけて攻めて来たね

さちひこ@中瀬一 :うーむ

草加 圭介@芥 :「さてと(ポキポキと指を鳴らしている)」

白石裕@SD :ちなみに撤退する場合はA1,A4,A9クリックから撤退できるものとします

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :あ、前回が田んぼは平地と同様に扱ったので

白石裕@SD :今回も平地と同等に扱います

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :さ、指揮官決定をどうぞー

さちひこ@中瀬一 :D5のビルに陣取ります

さちひこ@中瀬一 :<SD

白石裕@SD :全員D5でOK?

夜乃 空 :おk

天内流依@ジヌス :OKです

草加 圭介@芥 :OKです

白石裕@SD :了解 では中瀬小隊はD5のビルに陣取り幻獣を迎え撃つことにした…

東 恭一郎 :指揮官から特に分けるという指示が出ない限りはD5で

川流鐘音 :部隊の分割は危険と思うのでOKです

白石裕@SD :ではターン1からいきましょう

白石裕@SD :すでに戦闘ターンに入ってるいるので周辺時間は使えません

白石裕@SD :ターン1の宣言をどうぞ指揮官

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :(ロールとかは適時OKですよ)

さちひこ@中瀬一 :「んじゃま偵察開始しますか…」

東 恭一郎 :「とりあえず、幻獣がこないか警戒を強めておきましょう」

川流鐘音 :「幻獣の殺気がピリピリと感じますね…」

夜乃 空 :「絶えず周囲を見渡しておかないとダメですよね」(猫被り

草加 圭介@芥 :「ですね、いきなるズサリは怖いですし」

白石裕@SD :15分くらいまでに決定どうぞ>指揮官

さちひこ@中瀬一 :はい

さちひこ@中瀬一 :あ 偵察難易度は1マス200ですか?

白石裕@SD :視程内であれば1クリック200です

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :ただビルの裏とか

白石裕@SD :視界に入らない部分は偵察できません

さちひこ@中瀬一 :H5のビルの裏側とかみれないわけですね

夜乃 空 :「目視以外にも何か偵察の方法ってありましたっけ?」

白石裕@SD :D5からだと見えないねぇ

さちひこ@中瀬一 :「幻視とかある」<目視以外

さちひこ@中瀬一 :「俺以外できないし 動けないからしたくないところ」

夜乃 空 :「ん、いや。それ以外でですよ。道具とか先に仕掛けたトラップとか」

白石裕@SD :一方そのころ

白石裕@SD :大量の赤い目をもつ化け物たちがこの戦域に向かって続々と終結しつつあった…

東 恭一郎 :「自衛軍ならありそうだが、貧乏学兵にそんな装備もらえるものですか」

白石裕@SD :さ15分だ

白石裕@SD :指揮官決定を

夜乃 空 :「無いなら作っちゃえばいいんですよ。・・・・たぶん」

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :1分でだそう

さちひこ@中瀬一 :行動宣言:5Dから 5EFG(ビルぐらいまで そしてDから右500mを満遍なく(偵察範囲が半円を描く感じ)

さちひこ@中瀬一 :を偵察します

白石裕@SD :はい ちょっとまってね 何クリック分になるか計算します

草加 圭介@芥 :「鳥型の動物兵器とかあれば楽なんでしょうね」

さちひこ@中瀬一 :すみません<計算

さちひこ@中瀬一 :「動物兵器なんてうちらには無理無理」(手を振る

白石裕@SD :A列はビルが多くて偵察は無理そうだ

白石裕@SD :B列はB4と3

白石裕@SD :C列もC4と3

草加 圭介@芥 :「ええ、いいじゃないですか先輩動物かわいいじゃないですかー」>中瀬

白石裕@SD :D列は

白石裕@SD :もD4 D3

夜乃 空 :「んー。とりあえず音とかが聞こえればいいと思うんだけどなぁ・・・」

白石裕@SD :E列は5 4 3

東 恭一郎 :「それならWDの集音レベルを高めておきなさい」

白石裕@SD :F列は5~1

さちひこ@中瀬一 :「幻視するべきだったか…」

天内流依@ジヌス :「あんた盗聴得意じゃない。なんとかしなさいよ」>空さん

夜乃 空 :「了解。・・・・ぁ、盗聴器どうしよう」(何

白石裕@SD :G列は5~2

さちひこ@中瀬一 :「一応小声ね」<天内

白石裕@SD :H列は5 4が偵察可能

白石裕@SD :えーと合計は

さちひこ@中瀬一 :「静かに行動しよう」

夜乃 空 :「なんとかって・・・。無理があると思うぞ?さすがに」 >流依

白石裕@SD :20クリック分かな

白石裕@SD :難易度は4000

天内流依@ジヌス :(りょうかーい(小声)

白石裕@SD :まずは偵察技能の提出どうぞ

川流鐘音 :地形把握で出せますか?<SD

さちひこ@中瀬一 :まった

さちひこ@中瀬一 :SDなんか下の部分がないっすよ(汗

さちひこ@中瀬一 :<半円

白石裕@SD :あ

白石裕@SD :ごめんなさい半円って上半分とか変な解釈をしていた

白石裕@SD :右半分ですね;

さちひこ@中瀬一 :書き方が悪かったです 申し訳ありません

白石裕@SD :ちょっとまってね計算しなおします

夜乃 空 :「音の反響とか風の流れでなんとか分からないかなぁ・・・」(ボソボソ

白石裕@SD :まずD列から D3~8

白石裕@SD :E列もE3~8

白石裕@SD :F列は F2~9

白石裕@SD :間違い F1~0まで

白石裕@SD :ぐあ した部分の方が大きいねF1~8までです…すいません

白石裕@SD :8じゃない9だ

白石裕@SD :G列はG2~G8まで

白石裕@SD :H列はH3~7まで

白石裕@SD :I列はI4 と I6

白石裕@SD :J列は見えません

さちひこ@中瀬一 :はい

さちひこ@中瀬一 :(きっついかも<Jが見えない

白石裕@SD :36クリック分

白石裕@SD :難易度は7200

川流鐘音 :D列から D3~8は見える範囲ですよね<SD

白石裕@SD :そうですねその後ろはビルが邪魔で見えません

川流鐘音 :了解です

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :技能提出をどうぞー

東 恭一郎 :

部下:鈴木:偵察7(2100)

部下:大久保:偵察7(2100)

白石裕@SD :どしどしどうぞ

白石裕@SD :4200

さちひこ@中瀬一 :「しっかし結構ぶっこわれた地区だな 」

白石裕@SD :残り3000割と簡単に成功しそうだね

さちひこ@中瀬一 :中瀬一:偵察3:900

草加 圭介@芥 :地図や土地情報としての入念な準備や練習が行われていた場合の複線はいくつでしょうか?>SD

川流鐘音 :占領した後、地形を調べてると思うのですが、地形把握は提出出来ますか?<SD

白石裕@SD :5かな>複線

草加 圭介@芥 :草加:圭介偵察3:+900

白石裕@SD :地形把握は20%

白石裕@SD :6000

白石裕@SD :あと1200

夜乃 空 :偵察3 900

川流鐘音 :川流鐘音:地形把握:7:2100(20%)=420

白石裕@SD :7320

白石裕@SD :成功した

白石裕@SD :君たちは偵察を開始

さちひこ@中瀬一 :「うーん じっくりみようー」

白石裕@SD :ゴブリン達が一斉にこちらにむかって進軍してくるのがみえる…

夜乃 空 :「何か見落としが無いようにしないとねー」

さちひこ@中瀬一 :「ゴブリン確認(汗」

さちひこ@中瀬一 :「やべ みつかった(汗」

天内流依@ジヌス :「来たわね…(小声)」

白石裕@SD :ありていにいうと1行から7行まで

白石裕@SD :ローラー作戦のごとく

白石裕@SD :進軍してきてる

天内流依@ジヌス :Σ

東 恭一郎 :部隊規模はどのくらいですか?

夜乃 空 :うぉ・・・

草加 圭介@芥 :「ゴブかあ、近づかれる前に何とかしたいですけど」

白石裕@SD :なかにまじってケンキもみえるね

さちひこ@中瀬一 :「幻獣お得意のローラー作戦(汗」

白石裕@SD :部隊規模は1クリックにつき10部隊

川流鐘音 :列は何列ですか?

白石裕@SD :100匹だね

さちひこ@中瀬一 :「ケンキがいやがる」

白石裕@SD :今の偵察で

白石裕@SD :E1~7に

白石裕@SD :それぞれゴブリンが10部隊づつ

東 恭一郎 :まぁ、おそらくはその南北にも同じだけいるでしょうね

白石裕@SD :G4とG8にケンキが10部隊ずつ確認した

白石裕@SD :ゴブリン達は目の前だね

白石裕@SD :さすがに補足されている

さちひこ@中瀬一 :「うっひょー(汗」

白石裕@SD :さぁ楽しくなってきたところで第2ターンだ

夜乃 空 :「いっそ煙幕でも使いますか・・・・?」

白石裕@SD :指揮官決定を45分までにどうぞー

さちひこ@中瀬一 :「煙幕があれば まぁ なんとか…砲撃されそうだが」

白石裕@SD :君たちのすぐ100mほど手前でゴブリン達がわらわらと進軍してきている

白石裕@SD :右を見ても左をみてもにたような状況だ

さちひこ@中瀬一 :「後に下がりながら煙幕射撃戦だな

さちひこ@中瀬一 :はい<45分までに

白石裕@SD :いまだかつてこんな規模の敵は見たことがないかもしれない…

白石裕@SD :(君たちの中では)

東 恭一郎 :「(……)」ゲティスバーグに比べたらましかなぁ

白石裕@SD :東くんとかはもっと絶望的な状況もあるかも

川流鐘音 :「ゲチスバーグはミノいたけど、部隊多かったしなぁ…」

白石裕@SD :まぁ次のターンはゴブリン達が一斉に殺到するだろう

東 恭一郎 :迷宮46回のヒトウバン1000匹よりはまし、と思うことに

夜乃 空 :「これは・・・きっついねぇ・・・。でも、何が何でも生き延びなきゃねぇ」

東 恭一郎 :41階だ

白石裕@SD :それをどうにかしないといけない

草加 圭介@芥 :「まあ、変な人形戦車と戦う人間よりは現実的だとは思いますけどね」

白石裕@SD :「ギ、ギギッ」

白石裕@SD :ゴブリン達は今すぐにでも襲いかかろうとしている…

草加 圭介@芥 :「とりあえず、お喋りはここまでかなっと(銃を構えつつ)」

白石裕@SD :さて時間です

白石裕@SD :宣言をどうぞ

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :あと15カウント

白石裕@SD :15

白石裕@SD :14

白石裕@SD :13

白石裕@SD :12

白石裕@SD :11

白石裕@SD :10

さちひこ@中瀬一 :行動宣言:4、5、6行目のゴブリン、G4のケンキ部隊に煙幕&攻撃移動射撃を開始 5Dから5C 5Bに後退射


さちひこ@中瀬一 :ふぃー

白石裕@SD :はい

東 恭一郎 :煙幕は東が張ります。射程385mあるので問題ないと思います

白石裕@SD :ですねそれだけあれば問題ないでしょう

さちひこ@中瀬一 :(なにその超肩

白石裕@SD :うしろにむかって後退しつつ射撃でOKね?

東 恭一郎 :(指揮官なら把握しとけ<射程)

さちひこ@中瀬一 :はい

さちひこ@中瀬一 :すまんが俺は撃てない

さちひこ@中瀬一 :がんばって(涙<後退射撃

白石裕@SD :後退射撃は慎重移動固定です

白石裕@SD :速度は?

さちひこ@中瀬一 :全員が…

東 恭一郎 :1ですね

天内流依@ジヌス :1?

さちひこ@中瀬一 :1ですね

川流鐘音 :2です

川流鐘音 :合わせるから1になります

白石裕@SD :OK 1に合わされるが180m動けるので5Bまでは到達可能だね

白石裕@SD :ゴブリン4、5、6の攻撃難易度は250000です

さちひこ@中瀬一 :「後退射撃容易

さちひこ@中瀬一 :用意」

白石裕@SD :E4は道なので防御半分だ

白石裕@SD :阻止戦をいくつかけるかで勝負が決まりそうだね

東 恭一郎 :難易度的に道路上の4を中心にダメージを与えて、他のに阻止線というのは可能ですか?

白石裕@SD :射程内であれば可能ですよ

さちひこ@中瀬一 :よしそれか

東 恭一郎 :それと、煙幕で視程通っていないのを、東の部下の無線兵を使って、視程取ることは出来ますか?

白石裕@SD :それでは確定させてよろしい?

白石裕@SD :間接射撃はOKです

白石裕@SD :あれ 一つ確認

白石裕@SD :煙幕を投げる対象をもう一回おしえて

白石裕@SD :ケンキ部隊だけじゃなくて

白石裕@SD :ゴブリン部隊もかい?

さちひこ@中瀬一 :「夜戦もってないひとは無線兵の指示にしたがえ」

東 恭一郎 :選択出来るなら、ゴブリンが先で

草加 圭介@芥 :「了解です」

さちひこ@中瀬一 :ゴブリンにもお願いします<煙幕

白石裕@SD :はい 煙幕の個数は4つ必要だ

白石裕@SD :それだけもってる?

さちひこ@中瀬一 :部下も合わせると盛ってますね

さちひこ@中瀬一 :<東さん

白石裕@SD :OK

白石裕@SD :では確定させてよろしいですか?

さちひこ@中瀬一 :あと空さんも地味にもっている

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :では確定させましょう

白石裕@SD :まずは煙幕の処理から

白石裕@SD :東率いる投擲兵達は煙幕を投下

白石裕@SD :G4のケンキ及びE4~6のゴブリン部隊は混乱

東 恭一郎 :「また煙い戦いだ」

白石裕@SD :このターンは混乱しているため何も行動をとらない

さちひこ@中瀬一 :「東さんが言うとえらい説得力がありますね」

白石裕@SD :そして君たちは後退しつつ攻撃開始

白石裕@SD :煙幕下なので夜戦装備及び夜戦技能をもつもののみが攻撃できる

白石裕@SD :夜戦装備及び夜戦技能をもって攻撃する人は

白石裕@SD :技能提出からどうぞ

白石裕@SD :3分でだそう

白石裕@SD :まずは技能からでOK マウントとかは後でまたお願いします

さちひこ@中瀬一 :後退射撃なので移動射撃不可能です<中瀬

さちひこ@中瀬一 :(狙撃兵です(吐血

草加 圭介@芥 :東さんの部下の間接照準受ける人も今提出でいいですか?>SD

川流鐘音 :「大久保さん。誘導を頼みます」

白石裕@SD :はい そうですね移動射撃×だと攻撃はできません

白石裕@SD :そうですねその部下の人は攻撃できませんが間接照準で攻撃できるものとしていいでしょう

さちひこ@中瀬一 :「すまん 俺は動きながら撃てないんだ」

東 恭一郎 :

東恭一郎:機関銃37レベル:
99式軽機関銃+WD:13700
部下:鈴木:4100
部下:大久保:4100

草加 圭介@芥 :射撃3 +900

白石裕@SD :部下の技能は何でしょう?>東さん

さちひこ@中瀬一 :技能の鬼が居ます

東 恭一郎 :射撃7+97式突撃銃+WDで4100です

白石裕@SD :片方は間接照準に専念ということで攻撃はできません

白石裕@SD :もう片方のレンジャーさんは了解

白石裕@SD :技能レベル37+7+3

白石裕@SD :他はないかな?

天内流依@ジヌス :技能なしの99式軽機関銃&久遠戦車型で800

さちひこ@中瀬一 :鐘音さんが出せるね<技能

川流鐘音 :
川流鐘音:機拳銃Lv7+99式騎兵銃+WD:2100+800+300=3200(間接照準で攻撃)

白石裕@SD :37+7+3+7

白石裕@SD :他はないか

白石裕@SD :では技能レベル合計で54=16200

白石裕@SD :マウント提出どうぞ

東 恭一郎 :
東:99式軽機関銃+夜明狐:2000
鈴木:97式突撃銃+夜明狐:2000

白石裕@SD :16200+4000

白石裕@SD :鐘音さんが1100か

川流鐘音 :鐘音:99式騎兵銃+WD:800+300=1100

川流鐘音 :はい

白石裕@SD :あと天内さん800

草加 圭介@芥 :草加圭介:69式突撃銃 +700

白石裕@SD :16200+4000+1100+800+700

白石裕@SD :以上かな?

東 恭一郎 :です。

さちひこ@中瀬一 :はい

白石裕@SD :合計22800

白石裕@SD :さて何部隊たおせるか

白石裕@SD :修正の提出をどうぞー

白石裕@SD :その前に

東 恭一郎 :道路上のもろい部隊からやって今5部隊、ですね

白石裕@SD :整備と事務判定やりますか(忘れてた)

さちひこ@中瀬一 :わすれてたのかw

白石裕@SD :歩兵8人で整備事務共に800

白石裕@SD :提出どうぞ

天内流依@ジヌス :整備3

白石裕@SD :整備成功

天内流依@ジヌス :で900です

さちひこ@中瀬一 :空さん 天内さんお願いします

夜乃 空 :事務3 900

草加 圭介@芥 :自動成功なのかと思ってたよw

白石裕@SD :事務も成功

さちひこ@中瀬一 :これで2500の修正!

白石裕@SD :事務は弾薬がMAXまで回復します(予備はなしで すいませーん)

東 恭一郎 :(そこまで大成功でないですし)

白石裕@SD :というわけでさすがに整備事務補給は万全だった

白石裕@SD :あらためて修正をどうぞ

白石裕@SD :あれ?なし?

川流鐘音 :弾を余分に消費します+2=+500

さちひこ@中瀬一 :ちょっとお待ちを

白石裕@SD :まとめなくても

東 恭一郎 :

東:弾薬を+2消費+500

鈴木:弾薬を+2消費+500

白石裕@SD :1個ずつでもええよ

白石裕@SD :弾薬消費3人分OK+1500

草加 圭介@芥 :消費+2:+500

白石裕@SD :弾薬追加OK +2000

天内流依@ジヌス :自分も消費+2:+500

さちひこ@中瀬一 :修正:基数5
・完全補給状態の場合+500
・自分の攻撃の貫徹力が、敵の装甲を越えている場合(+1以上の時) +1000
・機関銃による支援が行われている(敵は歩兵相当)+支援者の機関銃技能もしくは+500
・敵の攻撃にさらされている場合 -1000(敵が

白石裕@SD :OK 全員弾薬余分に消費して殺しにかかった +2500

さちひこ@中瀬一 :確実なのが…これだけ

東 恭一郎 :
・見事な指揮の場合 +500/もしくは+指揮者の指揮技能
もいれとけ

草加 圭介@芥 :自分の攻撃の貫徹力が、敵の装甲を越えている場合(+1以上の時):+1000

白石裕@SD :補給通る 貫徹通った 機関銃は先ほど提出済み 攻撃にさらされているは…まぁ煙幕で混乱してるしよしとしよう+5500

さちひこ@中瀬一 :サンクス

川流鐘音 :・入念な準備や練習が行われていた場合 +1000 は通りますでしょうか?

白石裕@SD :指揮官うろたえまくっとったぞ>見事な指揮

川流鐘音 :侵攻に備えていたはずです<前線ですし

東 恭一郎 :
・敵の横の位置をとっている +600
位置的に的の横位置になるかとおもうんで、これは通りませんか?

白石裕@SD :貫徹はすでに通った 入念な準備が通るかは複線5必要

草加 圭介@芥 :敵は混乱とありますがこの場合気づいていないないし後方か側面攻撃の効果は得られますか?>SD

白石裕@SD :側面になってる敵もいるでしょう+6100

白石裕@SD :さすがにうしろは向かない

白石裕@SD :伏線だすかい?

白石裕@SD :特になければ確定させますよー

川流鐘音 :5はちょっと無いです

さちひこ@中瀬一 :伏線だしますー

草加 圭介@芥 :出します

白石裕@SD :どうぞー

さちひこ@中瀬一 :
さちひこ@中瀬一 :
「しっかし結構ぶっこわれた地区だな 」

白石裕@SD :あと1分でだそう

さちひこ@中瀬一 :これ みてまわって準備してた

白石裕@SD :いやぶっ壊れたって感想じゃないのか(笑)

さちひこ@中瀬一 :ちっくしょーw

草加 圭介@芥 :入念な準備の複線

草加 圭介@芥 :「まあ、なんにせよ準備だけはきっちりしないと」

草加 圭介@芥 :「さてと(ポキポキと指を鳴らしている)」

白石裕@SD :2つ通った

さちひこ@中瀬一 :
東 恭一郎 :
「舞台設営で回された訳だが、戦線は大丈夫だろうか」

東 恭一郎 :
東 恭一郎 (20:53):
「舞台設営で回された訳だが、戦線は大丈夫だろうか」

白石裕@SD :+1

白石裕@SD :あと2個

草加 圭介@芥 :
草加 圭介@芥 :
「とりあえず、お喋りはここまでかなっと(銃を構えつつ)」

さちひこ@中瀬一 :
夜乃 空 :
「ん、いや。それ以外でですよ。道具とか先に仕掛けたトラップとか」

東 恭一郎 :
川流鐘音 (20:55):
「またですかー! せめて弾薬ぷりーず」
さちひこ@アウトウェイ (20:55):
「…だそうです 防衛戦準備を開始してください」

で、先ほど整備・事務判定通ったので準備出来てるとして申請します

白石裕@SD :+1 前後の会話によるがまぁいいでしょう+1

白石裕@SD :入念な準備も通った

さちひこ@中瀬一 :よし(ふぃー

白石裕@SD :君たちは間抜けではなかった 敵の襲撃に備えてしっかりと準備もしていた それが効果を発揮する

白石裕@SD :+7100まできた

川流鐘音 :「ふふふ、えらく囲まれてるけどここからが本番だ 通させないぞ」

白石裕@SD :他に修正はありますか?

さちひこ@中瀬一 :「さすがに見回っていたからな地理は頭に入ってる」

さちひこ@中瀬一 :…ないですね<修正

白石裕@SD :OK

さちひこ@中瀬一 :(指揮が通るといいなぁ(駄

草加 圭介@芥 :見事な作戦の場合は通りますか?(実際混乱もおきてますし)

白石裕@SD :22800+7100×5=58300

さちひこ@中瀬一 :おー

川流鐘音 :×5がすごいw

白石裕@SD :道すがらにいたゴブリン10部隊と

白石裕@SD :煙幕にまかえていたゴブリン1部隊を倒した

白石裕@SD :これはE5でもE6でもOK

白石裕@SD :選択してください




次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0