暁の円卓 建国主手記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原ゲーム31 娘の奮戦と時間犯罪

<<   作成日時 : 2010/08/07 15:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

整形済みです




しらいし :芝村さんこんにちは 生活ゲームに参りました。よろしくお願いします

芝村 :記事どうぞ

しらいし :
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=5880&reno=5828&oya=5828&mode=msgview
記事はこちらです

【予約者の名前】38-00697-01:白石裕:暁の円卓藩国
【実施予定日時】2010年8月7日/14:00〜15:00
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・伝説の王妃ほむら:個人ACE:0
 ・白石暁:個人ACE:0
 ・白石円:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計0マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・38-00697-01:白石裕:暁の円卓藩国:-0マイル:入学済

息子娘の誕生日枠を頂いております。ありがとうございます。
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=9904

芝村 :イベントは?

しらいし :イベントは普段引篭っているので外に出て未開地域中心に国内を色々見てまわろうかと思います 

芝村 :ああい 2分待て

しらいし :よろしくお願いしますー

/*/

馬がゆっくり歩いている
ここは貴方の国だ

白石裕 :よく考えるとまともに見て回ったことがないので ひとまず見回して見ます

芝村 :
田園が広がってる
入道雲もある
あぜ道は気持ちよく、生暖かい風がふいている

白石裕 :「よくここまでになったもんだ。皆のおかげだな」 国民に感謝します

芝村 :
緑の稲穂がひろがってるよ
この先はすでに未開の土地だ
白石裕 :周りに家族はいますか?

芝村 :
ええ
暁をうかがう円
嫁は貴方の前だ

白石裕 :
円の様子に微笑ましさと苦いものを感じつつ
「さて冒険開始だ。何に会えるかな」
馬を下りて未開地域に入ろうと思います

円:「馬で行かないの」

芝村 :
未開の地といえど、別に道がない、畑がないだけで、普通の国土に見えるね
森のほうに行けば、別だろうか

白石裕 :「ここから先はいったことがない所だから。自分の足でいくのがいいかと思ってな」

ほむら:「ということだ。さあ」

芝村 :
二人も降りた
ついてくるよ
円はさびしそうに馬の鼻をさわった
ついてくる

白石裕 :「ま、ゆっくりいこう。今は急ぐ必要はないよ」

芝村 :
ゆっくり歩く
気温は30度ほど
他の国と比べれば涼しい

白石裕 :
「円は馬と一緒の方が自然だったかな」
何か変わった所とかはありませんか?

芝村 :
何で農地にしないか分からない場所だ
中々、平地だし、いいようにも見えるのだが

白石裕 :「まぁうちらしいっていえばうちらしいか」 完全な自然が残っていることがなんとなく嬉しい

ほむら:「このあたりには水がない。だから田畑も出来ない」

円:「水運び得意だよ」

暁:「用水路だね」

白石裕 :「そうだね。水を引いてくれば良い田畑になりそうだ」

ほむら:「この先は、かつてのくにだ」

白石裕 :Q:かつての国というと? 設定上の前の国とかでしょうか? 

芝村 :A:いや?

白石裕 :「くに?」 特に危険がなければ聞き返しつつそちらにいってみようと思います

芝村 :
電信柱が見えた
傾いて、つる草に覆われている
貴方は大きな湾を見た

白石裕 :湖面を見ます 町が沈んでたりするんでしょうか

芝村 :
その先は海だよ
巨大な廃墟を見た

白石裕 :了解です

芝村 :苔むした帝國の文様がある

白石裕 :「何時の時代のものかね」 文様を見つつ言います 見覚えはありますか?

芝村 :
シーズン2だね
滅んだ国あったっけ
ビルが倒れているところを見ると、爆発のようだ

白石裕 :
合併以外だとシーズン2で滅んだ帝國の国はなかったような。。
「森とこっち(廃墟)どっち見たい?」と3人に聞いてみます

ほむら:「いずれでも」

円:「森がいい。鹿がいるかも」

暁:「・・・・」

芝村 :どうする?

白石裕 :暁はどっちでもって感じですか? であれば円の希望通りに森にいこうかと

芝村 :
暁は、妹に遠慮したというか、優しくしたらしい
円は暁の手を握ろうとして失敗
暁は適当に森に分け入る
森はまあ、南国よりずいぶんまっすぐだね

白石裕 :
「何がいるかな」周りを一応注意しつつ森に入っていきます
円の様子には苦笑しつつも、嫁さんの手をとってエスコートしましょう 娘の参考になれば!

芝村 :円、ぎぎぎ

白石裕 :
「自分の気持ちに素直にな。大抵はそれでうまくいくよ」と最大限のアドバイスを娘にしつつ
他に動物とかいないか見回してみます
神様とかいれば挨拶をします

芝村 :
円、何度か兄に
アタック。兄、流れるように脱出

暁:「あそこ」

白石裕 :
息子がドSだった(笑)
暁の見つけた方を見て見ます

芝村 :
8本腕だ
倒れている。
すでにミイラ化してる

白石裕 :「シープか…」 万が一のことを考えて警戒はしておきます

暁:「昔、ここに?」

白石裕 :
「んー覚えてないな。ゾンビに襲われたりしたことはあるが、本格的な攻撃は受けたことないんじゃないかな」
「それか、この辺になにか拠点があったかだけど…この様子だともうないのかもしれない」

暁:「調べよう」

芝村 :
円が暁の袖をつかんでついていってる
暁はためいき

ほむら:「何かがゆがんでいる」

白石裕 :
「そうだな。憂いは取り除いた方がいい」
「暁。わかる?」 目では円に優しくやれと言いつつ聞いて見ます

暁:「過去に戻ったんだね。ここから」

白石裕 :「時間跳躍は不味いな…いやまぁ能動的にやったわけじゃないし大丈夫だと思うが」

暁:「敵が」

白石裕 :「…時間犯罪者か」

ほむら:「結界は? 宰相府には2重の結界があるときく」

白石裕 :
「ある筈なんだがな…張られて大分たつから無効にする手段を見つけたのかもしれない」
「敵は追えそうか?」

暁:「たぶん」
#さらりと不可能をいってのけるひと

白石裕 :「んー…時間犯罪を止めるには自ら時間を飛ぶしかない…か」 色々考え中

ほむら:「あの廃墟は・・・・」

白石裕 :「何か気づいた?」 嫁さんのことばは絶対なので聴きます

ほむら:「過去が変わった結果というのは?」

白石裕 :「既に変わった後…このままだと他の国も危ないんじゃないか」

芝村 :円はぎゅっと暁にだきつくのに成功した

/*/

はい。おつかれさまでした

白石裕 :
お疲れさまでしたー
あ、あれハートフル動物交流ゲーム予定が時間犯罪の現場目撃に

芝村 :
ははは
評価は+1+1でした

白石裕 :
ちなみに暁さんふつーに出来るとか言ってましたがこの後、この犯罪を防ぐ(修正)する為に動けますか?

芝村 :ええ

白石裕 :ここで様子見だと手遅れor被害拡大しまくる予感がするので

芝村 :そだね

白石裕 :
r:時間犯罪を犯した(犯そうとしている)敵を追跡し、時間犯罪を防ぎます
上記のr:を実行させてもらっても良いでしょうか?

芝村 :
ええ
では解散しましょう。お疲れ様でした

白石裕 :
ではr:実行をお願いします。とりあえず家族全員であたります
はい。よろしくお願いしますー お疲れさまでした


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小笠原ゲーム31 娘の奮戦と時間犯罪 暁の円卓 建国主手記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる