暁の円卓 建国主手記

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原ゲーム26 縁側で団欒

<<   作成日時 : 2009/05/19 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

整形済です。




白石裕 :芝村さんこんにちは 生活ゲームに参りました 本日はよろしくお願いします

芝村 :記事どうぞ

白石裕 :
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=4180&reno=4107&oya=4107&mode=msgview

芝村 :イベントは、固定

白石裕 :
【予約者の名前】38-00697-01:白石裕:暁の円卓
【実施予定日時】2009/5/19 /11:00〜12:00
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・白石ほむら2:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・38-00697-01:白石裕:-0マイル:入学済

※デートチケットを使用します。

白石裕 :記事がこちらです

白石裕 :はい

白石裕 :縁側で団欒(イベント)になるんでしょうか?>固定

芝村 :ええ

芝村 :かえてもいいけど

白石裕 :了解です。いえ、そのまま縁側で団欒でお願いしますー

芝村 :2分まってね

白石裕 :はい よろしくお願いします

/*/

芝村 :ここは縁側だよ。

芝村 :ほむらはいい笑顔であなたの横にいる

白石裕 :「最近調子はどうだ?身体とかつらくない?」とこっちも笑顔でたずねます

白石裕 :Q:お腹とか目立ってたりするんでしょうか?(妊娠的な意味で)

芝村 :A:少し

ほむら:「試練に生き残ることだけを、願ってる」

芝村 :ほむらは微笑んだ。

白石裕 :「そうだなぁ。試練か…変えないとなぁうん」

ほむら:「大丈夫。生き残る」

白石裕 :「うん。俺とほむらの子だ。その点ではそんなに心配してない」

白石裕 :「そもそものこの試練事態がな…今更俺が変えても説得力がないんだが」苦笑します

ほむら:「……強さの代価」

ほむら:「強くなければ、そもそも生き残れない。この世界では」

ほむら:「だから王がきにやむことはない」

白石裕 :「ありがとう」笑顔で頭をなでます

白石裕 :「だめだな。仕事の話をするとつい暗くなる」

ほむら:「それに」

白石裕 :「それに?」

芝村 :ほむらは優しく微笑んだ。あなたの頭をなでた

ほむら:「誇って良い。この国を、帝國を。共和国の悲惨さを見れば、この国は天国だ。少なくとも、戦って死ねる」

白石裕 :「そうだな。うん、戦っていられるうちは幸せなのかもしれない」

芝村 :ほむらは微笑んでうなずいた。

芝村 :うずうずしている

白石裕 :「おいで」と自分の膝にのっけます

芝村 :ほむらは喜んでいる。

ほむら:「なぜわかった?」

白石裕 :「付き合い長いしな」と機嫌よく答えます

芝村 :ほむらは嬉しそうにあなたのほうを見上げた。

芝村 :にこっと笑った。

白石裕 :「やっぱりかわいいなお前」 ちょっと照れます

ほむら:「?」

白石裕 :「好きだ。愛してる。出来ればずっと続いて欲しいと思う」

ほむら:「何が?」

白石裕 :軽く抱きしめます 「お前がかわいいってことだよ」

白石裕 :「惚れ直してるだけだから気にするな」

ほむら:「愛なら、ここに」

芝村 :ほむらはおなかをさわった。

ほむら:「それにしても、照れはないのか。お前は」

白石裕 :「照れかー。恥ずかしいのは恥ずかしいけど、それで伝わらないよりはな。ずっといいと思う」

白石裕 :「変につっぱってもいいことないしな。うん」

ほむら:「では、私も愛している」

芝村 :ほむらは頭をおしつけてきた。

芝村 :抱きしめた。

白石裕 :「ありがとう」 心底嬉しそうにします

芝村 :表情が見えない。

白石裕 :頭をなでてやります 「嬉しいよ」

ほむら:「返事をまたせるな。ばか」

白石裕 :「ごめんごめん」

白石裕 :「愛してるよ。誰よりも何よりも」といってキスします

芝村 :ほむらは嬉しそう

芝村 :小さくうなずいた

芝村 :首筋に腕を回された。

ほむら:「もっと言っていいぞ」

白石裕 :「はは。仰せのままに」ちょっと笑って

白石裕 :「大好きだ。愛してる」そのまま抱きしめて耳元でささやくようにいいます

芝村 :ほむらは嬉しそうに顔赤らめてうんうん言ってる。

芝村 :ほむらは頬にキスした。

白石裕 :「好きだ」おでことおでこをくっつけて笑顔でいって そしてキスします

芝村 :ほむらは猫の真似してる

芝村 :嬉しそう

白石裕 :猫と遊ぶように喉をなでます 「かわいい猫さんがいるな」

ほむら:「そなたの専用だ」

ほむら:「ごろにゃん」

白石裕 :ほむらの身体に負担はかけないように気をつけつつ、猫と遊ぶようにスキンシップします 

芝村 :ほむらは嬉しそうに抱きついてる。

芝村 :あなたを見てる

白石裕 :「猫に恋してたんだなぁ俺。愛してるよ」キスします

ほむら:「知ってたか。私はお前に名前を呼ばれるのが好きだ」

白石裕 :「…知らなかった。ほとんど無意識にお前を呼ぶときはほむらだったけど」

白石裕 :「ほむら」とたしかめるように呼んでみます

芝村 :ほむらは嬉しそうに微笑んだ。

ほむら:「裕?」

白石裕 :「な、なんか初めて名前で呼ばれた感じがするな。すごい照れくさい」

白石裕 :#ほ、本気で照れくさくなってきた!

ほむら:「王と呼ぶのが建前、ゆえな」

ほむら:「裕、愛している」

白石裕 :「わかってるよ。それでも今俺はすごく嬉しい」

白石裕 :「ほむら、俺もだ。愛してる」

ほむら:「うん。もっと、言え」

/*/

芝村 :はい。おつかれさまでした。

白石裕 :お疲れ様でしたー

白石裕 :平和でよかった…イベントは偉大でした

芝村 :ははは

芝村 :おめでとう

芝村 :評価は+2+2 秘宝館には2、2で依頼出来ます

白石裕 :なんか初めてまともに恋人っぽい会話をしたような気がします

白石裕 :はい ありがとうございますー

芝村 :はい。では解散しましょう。おつかれさまでしたー

白石裕 :はい 本日はありがとうございましたー それでは失礼しますー


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
小笠原ゲーム26 縁側で団欒 暁の円卓 建国主手記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる